2013年09月08日

初めてのMRI検査

えっと、何から書きましょうか。。。

まずは、うりの手術が決まりました病院

1か月くらい前かな?何だかうりがおかしいと気づきました。

何かフラフラしてヨタヨタ歩いてる感じ。

週末に散歩に行って走らせても、何か違和感・・・

おかしいなと思いすぐに病院には行ったものの、

病院でフラフラするわけじゃないので動画を撮って来てくださいと。

あまり走らせない方がいいと言われましたが、

動画を撮るために魅惑の里へ出かけました。










歩いたり小走りは普通なのですが、早く走ると足がカラ回ってる感じ。

今までみたいに早く走る事も出来ず、止まる時はほぼこける。

そして、今まで平気で上がってたソファーやベッドに上がれなくなりました。

何度か上がれず腹打ちをしたけど、その後は上がろうともせず吠えるのみ。

でも下りるのはすんなり下りるんです。

以前はツッタカターと上がっていた階段ももちろん上がれず。


1.JPG





時々こんな変な足になったり・・・


2.JPG





散歩の時には毎日こんなよだれをたなびかせながら歩いてる。


3.JPG





そしてよくコケるように。。。

ごはん食べながらひっくり返ったり、

誰かを襲おうと思って(笑)ひっくり返ったり、

ちょっとした事でコケてすんなり起き上がれない。

他に気づいた事は、

車に乗ると真っ直ぐで平坦な道は何ともないけど、

上り坂やクネクネ山道になるとハァハァが激しく変な声で大騒ぎをする。

そして、食べるのが遅くなった。

なかなか飲み込めない感じで、ベロを出し入れして奥に押し込んでる感じ。

これは病院で言われて気づいた事だけど、以前に比べて声が変わった。

しゃがれたような声。

そしてここ数日、ソファーやベッドから下りる事も出来なくなったので、

悪化してる?と思い木曜日に病院へ行きました。

ちょうどいい事に病院でコケて、なかなか起き上がれない様子を見た先生が、

「コケる事はよくあってもコケ方が異常」と、MRI検査を勧めて来ました。

ずっとモヤモヤしてて気持ち悪かったので、

はっきりさせるために土曜日、検査を受けて来ました。

いつもの病院にMRIの設備がないため、紹介された病院に行きました。

初めて行く病院で不安でしたが、

ゆずのてんかんやうりの特発性頭部振戦の動画を見て診断したのはここの先生。

きっと腕はいいのだろうと行ってみると、患者がいっぱいでした。


4.JPG





歩いてる姿を動画に撮ったり、触診で色んな検査をしたり・・・

血液検査の結果は異常なし。

レントゲンでは背骨の変形が見られると。

普通は話を聞いて見たり触ったりすれば大体の事はわかるけど、

うりの場合はわからないから、もしかしたらMRI検査でもわからないかもと。

そしてそのまま預けて全身麻酔でのMRI検査をして、夕方迎えに行きました。

鼻ペチャの全身麻酔のリスクを聞いて気が気じゃなかった。。。

特にこの子は鼻がへちゃげてるからって。

実際、麻酔からちゃんと目覚めてほしいと願うばかりで、

あまり検査結果の事は気にしてなかった。

迎えに行って待合室で待ってる時、奥からうりの声が聞こえてホッとしたなぁ。

しかも、「出せ」なのか「腹減った」なのかはわからないけど、結構激吠え。

そして検査結果。

最初にすぐわかった事は、背骨に水が溜まってるらしい。

水が溜まる事によって脊髄が圧迫されて、動きがおかしいのだと。

なぜそんな事になってるかと言うと、

頭蓋骨側から首の骨は一番二番・・・と数えるそうですが、

一番の骨に変形が見られると。

普通はない突起が確認されたみたい。

本来ならば、首を伸ばしても曲げても一番と二番にグラつきはないのに、

一番と二番の関係性が、グラグラしてると。

このグラつきを止める手術をしなければいけなくなりました。

もうひとつ黒い影があり、それも悪いと言われたけど何だったか忘れちゃった。

そういったものが原因で背骨に水が溜まるので、

これを止めないといずれ歩けなくなるだろうと。

しかも、徐々に歩けなくなるのではなく、ある日突然歩けなくなるって。

一番と二番を固定する手術と、何かの影を治す手術は同時に出来ないそう。

それは、一番と二番の固定の手術は首の前側(ノド側)からで、

影を直す手術は首の後ろ側からだから。

でも、一番と二番の固定の手術をする事によって影の部分は改善するかもと。

改善が見られなければ2回目の手術をする事になりますと。

手術をしたからと言って100%治るかはわからないし、

また全身麻酔をしなければならない事、

手術箇所の近くに呼吸を司る神経があり、

何らかの形でそれに触れると呼吸が止まるというリスクがある手術。

そして1週間くらいの入院が必要。

考えると怖い。。。

ひとりでは出来ない手術だという事で、

出来る先生と相談して日程を決める事になりました。

それまでの散歩は、走ったり激しい動きでなければいいとの事。

そして、カラーは首に負担がかかるのでハーネスにする事。

昨日1日絶食だったうりは、手術に備えて今日からしっかり食べようね!


5.JPG





手術後も大変だと思うけど、元のように元気になるために頑張りますダッシュ(走り出すさま)

うりの絶食に付き合わされて朝ごはんも夜ごはんも遅くなったゆずも

頑張りましたよ!

お散歩にも行けなかったけどね。。。


6.JPG





10月に予定してたヒロボス会ですが、今の時点では考えられないあせあせ(飛び散る汗)

ヒロボススウェットやヒロボスパーカーもやろうって言ってたのに。。。

本当にごめんなさい。

うりの状態によって決めたいと思うので、今は何とも言えません。

誰かやってくれる人がいるなら立候補してください顔(イヒヒ)

ニックネーム かみりん at 01:28| Comment(22) | TrackBack(0) | 病気・ケガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎度です。
原因が分かって良かったと思う。
病気より健康な方が良いのに決っているけど、幾ら願っても気をつけても逃げれるとは限らないから、見つけられて良かった。
治療方法決めるまでは悩むと思うけど、一旦決めたら、先生を信じて突き進むのが良いと思っています。
"ちょび"は病弱で何度も入院していますが、僕ら飼い主に出来るのは祈るくらいなので、信用出来る先生に任せました。
色んなアドバイスもあるでしょうが、拙いのは途中でぶれて、治療がおくれる事だとも思います。
自分自身がまな板の魚状態になった事があるので。
早く見つかった事は吉兆ですよ。

ヒロボスはなんとでもなりますよ。
日本に居れるのが確定したら仕切るんやけど。。
弱気になったら、妹が気合い入れに行きますけん。
がんばれ、うりちゃん。
Posted by afro at 2013年09月08日 02:15
はっきりとした原因がわかってよかったですね。
でも手術といっても場所が場所だけに、心配はつきませんね・・・(;_;)
運動好きなゆずうりちゃんだから、歩けなくなるなんてかわいそうだから
手術が成功してまた元気に走り回れるようになることを祈ってます。。

入院の1週間は、きっと飼い主の方が淋しいでしょうね。
わが家もわらびが1週間入院したとき、さくらだけの世話だったら
こんなに楽だったんだ!って物足りなさを感じました^^

うりちゃんが退院しても、まだまだ術後管理が大変だと思いますが
みんなで乗り切ってくださいね!
神戸からいつも応援しています!!
Posted by さくら at 2013年09月08日 07:34
うりちゃん心配ですね
でも原因が分かった事で治療方法も決まったんであとは治るのを目指してすすむのみですよ〜。
ももじろうの時と違い手術までに時間がある分不安な時間も長くなっちゃいますけど色んな準備もできると思い体力をつけておいてね。
ワンコの生きようって力は人間が思ってるよりほんとにすごいですから〜
ももじろうがみんなに応援してもらった分
今度はうりちゃんを応援しますので。

頑張れうりちゃん。 
大丈夫だと信じてます。
Posted by ももじろうのぱぱ at 2013年09月08日 08:19
うりちゃんのこのハムハムの姿見てるとせつなくなりますね。どうか無事に手術が終わって黒い影もなくなりますように。何もできませんがこちらから応援しています。うりちゃん、頑張れ〜
Posted by あんず母 at 2013年09月08日 08:49
ブログ、拝見いたしました。

まず、読んでいて驚いたことは、限りなく治療の方針がウッディーに似ていること。
初期の症状に若干の違いはありますが、診断結果・所見・治療に伴うリスク・今後の方針…とにかく似ている部分を多く見受けました。

ウッディーの診断を聞かされたとき、どうしてあげることもできない苛立ちや先の不安に押し潰されそうになりました。

全てをマイナスに考えてしまった時期もあり、

もし手術が失敗したら…
それ以前に麻酔は大丈夫なのか…
成功しても今より酷くなったら…

最後には

この先、いつまで元気な姿でいてくれるのか…

とまで考えたこともありました。

そんな中で踏み切った1度目の手術。

『成功』

しました。

手術前には考えられない回復ぶりに、私たちはもちろん、医者まで驚くほど。

しかし、1か月後様子がおかしくなり再度MRIを撮ることに。

『再発』

でした。

しかも、手術前よりも酷い状態だとか。
手術後の喜びが大きかった分、落胆も大きく、また今後については飼い主で方向性に若干の意見の食い違いがあり、混乱は増すばかり。

と言ってもウッディーの状態が回復する訳ではなく、出来る限りの冷静を取り戻し、現実と向き合うことに。

医師から

この病気の症例が少なく、臨床データなどが乏しいこと
手術をしても再発の可能性が極めて高いこと
だからといって、このまま手術をしなければ、麻痺が全身におよび、歩けなくなる可能性もあること
回数を重ねる度に手術も複雑化すること
もちろん手術には、失敗や麻酔のリスクが常に伴うこと

どれをとっても良くなる最善の道なんてない!

加えてウッディー自身に権限がなく、それを決定することは私たち飼い主にあること
私たちの出した決断にウッディーは身を任せるだけだということ

責任重大だな…

でも、ウッディーはどんな決断をだしても一生懸命前を向いてくれるはず!

まだ、現実に起きていない不安を考えるよりも、何かを決断し、道筋を立てて、それに対して自信・責任を持とう!

それがいはいことなのか悪いことなのかを考える…ではなく、何か自信を持って決断することが最善の道だと思いました。

そこで出した2度目の決断が再手術です。

決断に至ったのは、このまま何も(手術も)せず、後ろ足だけで済んでいる麻痺が全身におよんでいく姿を単純に見ていくことができない。

ということです。

後は先生を信じること。

覚悟を決めて数日間、今のうちに出来ることとして車椅子を用意したり、出来る限りの情報収集をしたり。

結論、2度目の手術はしていません。
手術を予定し、車椅子を手配したころから急速に状態が回復していったため、です。

ウッディーはくも膜に水がたまる病気です。
それは、自然に無くなることはないそうですが、症状に波があるのだとか。

その波が良い方向に向かっているときは手術の適応ではないとの見解でした。

正直、手術を避けられたことに喜びはありましたが、爆弾を抱えていることに変わりはありません。

ですが、いつその爆弾の悪い波がきても今を後悔することのないよう、ウッディーが1日でも楽しく過ごせた!と満足できるよう努めています。

すみません…参考のつもりが完全に趣旨が外れてしまいました。

飼い主として、1日でも長く一緒にいたい気持ちは一緒ですよね。
その中で、病気を抱える子を持ち、同じ病気でも戦い方はそれぞれで。

今回の件で私自身一番感じたことは、その子のことを一番理解しているのは、病院の先生でもなく飼い主だということ。

ヒロボスの開催など、気がかりはあると思いますが、まずはウリチャンの件が落ち着けば…と思っています。

ウッディー、ウリチャンに興味津々で大好きな様子だったので、またお互い元気になって会いましょうね!


Posted by ウッディー母 at 2013年09月08日 10:13
検査の為の全身麻酔、うりちゃんもゆずママさんも
不安を乗り越えて頑張ったんですね。
頑張ったお陰で原因が分かって本当に良かった!!

以前、ゆずママさんはニコールと私に
『悪い方に考えたり口に出す事で、そうなって行くって本で読んだ事があるから、
いい事ばかりを口に出した方がいいよ!!』
って言って元気づけてくれました。

皆で良い方に良い方に考えて口に出して祈ってます。
Posted by ハチ at 2013年09月08日 11:27
ゆずちゃんのてんかん持ちは知ってたけど、うりちゃんの特発性〜忘れてて(ごめん)うりちゃんは元気と思ってただけにびっくりしたよ
うりちゃん、手術でこれからまだまだ大変だけど、原因がわかってとりあえずよかった

ヒロボス会の幹事、どなたか一緒にやってくださる方がいらっしゃったらお引き受けしてもいいけど、ゆずうり家なくしてヒロボス会ないと思うのでうりちゃんが元気になってから開催しましょう〜その時はお手伝いしますので

うり姉ちゃん、アタチもママ頑張ってるのでうり姉ちゃんも頑張って by 夢

うりおばちゃん、ボクも応援してるよ\(^o^)/
by 心
Posted by 空夢ママ at 2013年09月08日 12:42
手術の内容はとても難しそうだし心配や不安だけどウリちゃんは若いし治癒力もあるからきっと大丈夫医者を信じて任すしかないね。
応援してます。
Posted by bun at 2013年09月08日 16:40
背骨に水がたまるなんてそんな事があるんですね。びっくりしました。
その手術をすると固定されて、水は水はたまらないようになるんですね?
今、たまっている水は抜けるのかしら?
もしこれから先も疑問が出来たら先生にいっぱい質問して納得するようにするといいと思います。
一度の手術で良くなる事をまず願いましょう!!
ビシャも今後色んな状況下に置かれるかもしれないのは聞いてはいるんだけどなるべく考えないようにしています。
考えるとそっちのほうに行っちゃうような気がして
でも先生はあらゆる事を想定してアドバイスしてくれるからそれはそれで聞いていて一番ベストな事だけ考えてくださいね!

ビシャも目の事で短期間に結局4回麻酔をかけてます
それでもちゃんと耐えて元気に戻ってきてくれてるので
同じ血が混じっているうりちゃんも絶対根性あるから大丈夫!!
先輩ビシャがそう言ってますよ〜〜
応援しているのでママさんもパパさんも頑張って下さいね!!

オフ会は元気になったらしたらいいんです。
こちらにも元気になったら遠征してきてくださいね!
Posted by ジゴビまま at 2013年09月08日 17:06
うりちゃん、検査おつかれさまでした!
検査結果から、原因が分かり、治療方法も分かったのだから、ゆずうり家一丸となって乗り越えてくださいね><
ビスコとら家、応援してます!
うりちゃんの気合いと根性があれば大丈夫!って確信しております!
微力ですが、ヒロボスでもなんでもお手伝いできることはさせてくださいね^^
Posted by rika at 2013年09月08日 19:24
走るのが大好きなうりちゃんがよりによって…と切なくなってしまいましたが
ゆずうり家に越えられないハードルはない、と信じております。

何か力になれることがあったら何なりと言ってくださいね。
ゆずちゃんを預かる以外(笑)

ずっとずっと応援しています!!
Posted by ロク母 at 2013年09月08日 20:01
うりちゃん、パパママさん、ゆずちゃん、検査お疲れ様でした。。。検査結果分かった今、いろんな不安、心配があるけど、うりちゃんの事1番分かってるのはパパママさんだけ!
だから迷いもあるだろうけど、自信持って突き進んで乗り越えてくらさい!我が家もうりちゃんの治癒力、ゆずうり家の力信じて新潟から元気球おくります!!
Posted by 桃金母ちゃん at 2013年09月08日 20:58
お久しぶりです。
忙しく家でPCを開くことが出来ず、たまたま休みでブログをみたら、うりちゃんの病気のことが書いてあって…ビックリしました。
我がワン子が、病気だと本当に心が痛いですよね。人間のように「痛い」だの「つらい」だの散々弱音吐いてくれればいいのに、ただ大きな目でじっと見るだけですもんね。
我が家も、ただいま杏が腰の病気で3週間のケージレスト中です。今まで激しく動き回っていた子が、寝がえりで「キャン」て鳴くのですから変わってやりたいくらいですよ。
ゆずママやパパさんのお気持ちが痛いほど分かります。我が家もうりちゃんが元気に復活するよう目いっぱいパワー送ります!!負けるな〜手(チョキ)
Posted by 杏母 at 2013年09月08日 20:59
うりちゃんもママもパパも大変でしたね。
今拝見してびっくりしました><
このごろIGもちゃんとチェックできてなかったので・・・ホントに心配です。
でもそれ以上にパパさんママさんは心配ですよね。
手術する場所が場所だけに不安もあると思います。
でも、絶対良くなるから、先生も二人ついてくれることですしとにかく回復を信じて乗り越えて下さい!
静岡からも元気玉送ります!うりちゃんがんばれ〜〜〜!
Posted by けいこ。 at 2013年09月08日 23:16
7月にお会いした時はいつものうりちゃんだったし、なんだか信じられません。
でも、検査して原因がハッキリして良かった。
これからの治療は、うりちゃんにとっても、うりちゃんを支えるゆずうり家にとっても大変な治療になると思いますが、うりちゃんが元気に走り回れるようになる為の1歩ですよね!
応援してます!
そしてヒロボス会....とてもじゃないけど今考えれる時ではないですよー!やはりゆずうり家がいないと寂しいので( ノД`)シクシク…うりちゃんが本調子になってからでいいと思います
Posted by ひろぽん at 2013年09月09日 00:41
うりちゃんの事・・・
本当に本当に・・心から祈ってます。
Posted by ゆきこ at 2013年09月09日 10:42
うりちゃん検査お疲れ様〜>_<

これからちょっとの間しんどくなるかもしれんけど頑張ろうね!
友達兄弟家族みんなうりちゃんにPowerを送ってるよ!
早く治して一緒に走り回ろう!
Posted by 小太郎 at 2013年09月09日 22:46
うりちゃん、つい先日お会いしたばかりで、その時はとても元気そうに見えました。
あの可愛いうりちゃんが大きな手術を控えてるなんて、ほんとに想像しただけで何も手につかないほど心が痛いです。
でも診断が早く出たことはとても良いことだと思います。どうぞ頑張ってください。応援しています。
Posted by くろすけの母 at 2013年09月10日 01:22
うり、心配です。
早く良くなるよう、祈ってます。
Posted by ウィル兄 at 2013年09月10日 22:21
うりちゃんの事 チャーママから聞きました〜
LALAの病気を見つけてくださったのは
このたむら動物病院です〜@@
心臓専門の病院を紹介したいただき
手術をしたらリスクが高いので危ない・・><
今はドッグランを禁止し 薬を飲ませてます

毎月病院へ行くたびに 遠くからワンコが来られてます・・・・
うりちゃん頑張れ〜!!
Posted by yukinko at 2013年09月13日 09:43
びっくりしました...
うりちゃん...よくなれ!!!!!
ゆずうりママさんも身体壊さないようにしてくださいね。
Posted by kia at 2013年09月13日 19:50
いつも元気いっぱいのうりちゃん、心配です。
手術が無事に終わって元気になりますように‥
うりちゃん、頑張れ〜
Posted by ビス母 at 2013年09月14日 12:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3522202

この記事へのトラックバック